LDLコレステロール値を下げるためにはDHAとEPAどちらがいい?

LDLコレステロール値を下げるために、DHA&EPAを積極的に摂取することが推奨されています。

 

サプリメントも普及してきたことからDHA&EPAとセットで呼ばれることが多くなりましたが、そもそもDHAとEPAは別物。

 

ここでは、LDLコレステロール値を下げたいならDHAとEPAどちらが効果的なのかについて紹介します。

 

DHAとEPAの違い

 

DHA(ドコサヘキサエン酸)もEPA(エイコサペンタエン酸)も不飽和脂肪酸の一種で、青魚に多く含まれていることがよく知られています。

 

いずれも体内では合成できず、必須脂肪酸なので食事から摂る必要があります。また、DHAにもEPAにも、血中のLDLコレステロールや中性脂肪を減少させる働きがあります。

 

ただ、DHAが血液脳関門を通過して脳にまで届くのに対して、EPAは脳神経までは運ばれません。EPAには血小板凝集抑制効果があるため、血液をサラサラにすることができます。

 

それなら、LDLコレステロール値を下げるためにはEPAだけでよいのでは?と思いがちですが、動脈硬化になると怖いのが脳卒中のリスク。そこで、DHA&EPA両方をバランスよく摂取することが重要になってくるのです。

 

サプリメントではDHA&EPAの比率を選びやすい

 

脳神経まで届くDHAと血中のLDLコレステロールを減らしてくれるEPA、食事でどちらもバランスよく摂るのは考え過ぎると悩ましいところ。

 

ですが、最近のサプリメントでは、DHA&EPAの比率が示されるようになっています。つまり、DHA&EPAをそれぞれどのくらい摂取できるかがわかりやすくなっているのです。

 

一般に、頭の働きをよくするともいわれるDHAは、頭をよく使う仕事に就いている人などによいかもしれません。

 

そんなときは、DHA多めでEPAも含まれているサプリメントを選べばよいでしょう。継続して利用してみると、どんな配合が自分の体に合っているのか、わかってきます。