LDLコレステロール値を上げてしまう食品は?

LDLコレステロール値を下げたいと思う人には、LDLコレステロール値を下げる食品ばかりが目に付くでしょう。

 

しかし、LDLコレステロール値を効率よく下げるためには、LDLコレステロール値を上げる食品を控えることも大切です。

 

せっせとLDLコレステロール値を下げる食品やサプリをとっていても、一方でLDLコレステロール値を上げる食品も積極的に食べていては意味がありません。そこでここでは、LDLコレステロール値を上げてしまう食品を紹介します。

 

卵類

 

コレステロールは、人間にとっても細胞膜を作るのに必要な成分です。魚や動物にとっても同じく、鶏卵や魚卵にはコレステロールが多く含まれています。

 

よく、コレステロールを気にする人が卵を食べるのをためらうといいます。これも、卵にコレステロールが多く含まれているからなのです。

 

ただし、厚生労働省でも発表しているように、卵をはじめとした食品からのコレステロール摂取は健康な人なら制限する必要はないともいわれています。

 

卵にはタンパク質が多く含まれていますから、タンパク質の摂り過ぎによって中性脂肪が増えてしまう可能性はあります。

 

そのため、タンパク質の摂取量をコントロールしながら1日鶏卵で1〜2個くらいは食べても問題ないと考えてよいのではないでしょうか。

 

レバーやうなぎ

 

いわゆる精が付くといわれている、レバーやうなぎにはコレステロールが多く含まれています。同じく肝類のフォアグラやあん肝なども、食べ過ぎには気を付けたほうがよいでしょう。これらの食品を食べ過ぎると、肝臓に脂肪がついて脂肪肝となってしまう危険性もあります。

 

乳製品

 

生クリームやプロセスチーズなど、乳脂肪分の高い食品もコレステロールを多く含んでいます。最近では脂肪分を控えた乳製品も出ていますから、LDLコレステロール値を上げたくないと思ったら低脂肪の食品を選ぶとよいでしょう。