人の体はコレステロールとは切り離せない

LDLコレステロールが過剰な状態が不健康だと広まってから、コレステロールそのものが悪者のように認識されてしまっている傾向があります。

 

しかし、人が健康に生きていくためには、コレステロールはなくてはならない成分です。ここでは、人体とコレステロールとの関係についてお話しましょう。

 

健康に役立つコレステロール

 

コレステロールは、健康に役立つ成分というより、生きていくためには不可欠な成分です。例えば、細胞を包んでいる細胞膜の原料になっているのはコレステロールです。

 

ということは、コレステロールなくしては、細胞を健康に保つことができないということです。コレステロールが減ってくると肌が荒れ気味になってくるのも、細胞に異変が生じているため。

 

他にも、ビタミンDの生成を助けたり、副腎皮質ホルモンの分泌にコレステロールが必要です。脂肪の消化をするためにも、コレステロールは欠かせないのです。

 

こうしたことから、コレステロールは放っておいても体内で3分の2程度が生成されています。ただ、一日に1、000〜1、500mg程度のコレステロールは必要だとされていますから、肝臓での合成が間に合わない分は食品で補うことが大切なのです。

 

食品からの摂り過ぎを防ぐ

 

そうはいっても、LDLコレステロール値の高さが顕著になっている人が増えている現代では、食品からコレステロールを摂り過ぎている人が多いと考えられます。

 

あるいは、中性脂肪の摂り過ぎでコレステロールを増やしてしまっているのでしょう。過剰なコレステロールの摂取は、LDLコレステロールを増やして健康を害する恐れがあります。

 

運動などでLDLコレステロール値を下げる努力をすると同時に、LDLコレステロール値が高まる要因を減らしていく努力が必要です。