DHA&EPAがLDLコレステロール値を下げる仕組み

DHAやEPAが健康のために役立つことは何となく知っていても、なぜLDLコレステロール値を下げてくれるのかまでは詳しく知らないという方がいるかもしれません。ここでは、DHA&EPAがLDLコレステロール値を下げる仕組みについて紹介します。

 

LDLコレステロールを減らし、HDLコレステロールを増やす

 

DHA&EPAには、LDLコレステロールを減らすだけでなく、HDLコレステロールを増やす働きがあります。また、肝臓が中性脂肪の合成をする働きを抑えることも可能です。

 

LDLコレステロールも中性脂肪も健康に生きていくためにはある程度必要な成分ですが、増え過ぎると健康の妨げになります。中性脂肪が血液中に増えてくると、HDLコレステロールが減少してLDLコレステロールが増えてくるのも困りもの。

 

そのため、DHA&EPAのようにLDLコレステロールを減らしてHDLコレステロールを増やしてくれる成分は機長なのです。

 

DHA&EPAは食事で摂りにくい?

 

DHA&EPAが多く含まれる食品といえば、青魚が代表的です。イワシやアジなどがよく挙げられますが、マグロなどの日本人がよく食べている魚でもよいのです。

 

ただ、厚生労働省が推奨する一日のDHA&EPA量は、1、000mg。マグロの刺身に換算しても、何皿分ものマグロを毎日食べなければなりません。経済的にも、味的にもついていける人は滅多にいないのではないでしょうか。

 

そこで、食事では半分の500mg程度のDHA&EPAを摂取して、残りの半分はサプリメントで摂ってはどうかという対策が普及し始めています。これなら、食事での栄養も摂りながらサプリメントの便利さも活用できます。

 

魚だけでなく、DHA&EPAはエゴマ油や亜麻仁油などにも多く含まれていることが注目されています。料理に上手に使うことで、DHA&EPAの摂取不足も防いでいけるでしょう。サプリメントに抵抗がある方も、これなら納得してサプリメントを活用できるのではないでしょうか。