LDLコレステロールを下げる!

 

LDLコレステロールが高いと危険?原因は?

 

LDLコレステロール値が高いと、健康に不安を感じる人が多いでしょう。実際、健康診断などでLDLコレステロール値が基準より高いと、注意のコメントが書かれています。

 

しかし、なぜLDLコレステロール値が高いと危険だとされるのでしょうか?ここでは、LDLコレステロール値が高いと危険だとされる原因についてお話します。

 

LDLコレステロールの危険性

 

コレステロールは、健康な人なら誰でも体内にある物質です。健康的な生活を送るために必要な物質ですから、ある程度の量のコレステロールはなければならないのです。

 

しかし、コレステロールが増え過ぎると悪玉といわれるようになり、健康に害を与える可能性が出てきます。悪玉コレステロール=LDLコレステロールで、LDLコレステロールが過剰になってくると血管壁に付着するようになります。

 

すると血液が流れにくくなるため、高血圧になると同時に心臓に負担がかかるのです。高血圧は自覚症状が乏しいため、放っておくと動脈硬化になり、さらには心臓疾患に至ることも珍しくありません。だからこそ、LDLコレステロールは動脈硬化や心疾患の危険因子とされているのです。

 

コレステロールは適量をコントロール

 

そもそも、コレステロールには善玉も悪玉もないという説もあります。つまり、ある程度は必要な量のコレステロールが増え過ぎると悪玉となり、通常の健康に役立つ働きをするコレステロールが善玉というわけです。

 

LDLコレステロールを減らそうとすることは大切ですが、コレステロールは少なすぎても健康とはいえません。標準的な量に調整しておくことが重要で、多過ぎても少なすぎてもよくないのです。

 

ただ、現代人にはLDLコレステロールが多くなる食生活や生活習慣などの要因が多いため、LDLコレスロール値が高いと診断されたら速やかに減らす努力をしたほうがよいでしょう。

 

LDLコレステロールを下げるには?

 

LDLコレステロール値が上がってしまう原因は、ほとんどが食生活や生活習慣に起因しています。逆に考えれば、食生活や生活習慣を改善すれば、LDLコレステロール値を下げるのは可能だということ。そこでここでは、LDLコレステロール値を下げるための食べ物や飲み物、サプリについて紹介します。

 

LDLコレステロール値を下げるために食べたほうがよい食品

 

LDLコレステロール値を下げるのに役立つ食品にもいろいろありますが、代表的なのが青魚です。青魚には、血液サラサラ効果があるといわれるDHA・EPAが豊富に含まれています。

 

DHA・EPAといえば、厚生労働省が健康のために一日1,000mgの摂取を推奨している成分です。魚類をあまり食べなくなった日本人にLDLコレステロール値の高い人が増えてきたことからも、なるべく積極的に青魚を食べることをおすすめします。

 

LDLコレステロール値を下げるために飲みたい飲み物

 

LDLコレステロール値を下げるには、飲み物にも効果的なものがあります。例えば、緑茶や紅茶、コーヒーなどはごくごく日常的に飲んでいる人が多いでしょう。お茶の中でも、杜仲茶やローズヒップティーは最近注目されています。ポリフェノールの多い赤ワインも、何年も前から健康効果が見直されていますよね。

 

珍しいところでは、オレンジジュースや豆乳があります。いずれもポリフェノールを含むのが主なメリットですが、オレンジジュースには糖質も多く含まれるため、LDLコレステロール値を下げる効果があるからといって飲み過ぎないように気を付けましょう。

 

LDLコレステロール値を下げるためのサプリメント

 

LDLコレステロール値の高さに悩む人が増えたことから、対応するサプリメントの開発も進んでいます。特に、DHA・EPAを配合したサプリメントは、おなじみになったほどではないでしょうか。基本は食事から栄養をとるのがよいものの、食事での栄養摂取にも限界があります。

 

魚嫌いの人に青魚を積極的に食べるようにとすすめても、嫌がられるだけですよね。そこで便利に活用できるのが、サプリメント。食事では摂取し切れない栄養を補うのに、サプリメントは重宝します。

 

LDLコレステロールを下げるレシピ、食品

 

LDLコレステロール値を下げるために役立つ食品には、青魚や納豆、大豆製品、エゴマ油や亜麻仁油、生姜、トマト、キノコ類など数え切れないほどの種類が注目されています。人によっては、このような食品の中に好き嫌いがある場合もあるでしょう。そこでここでは、LDLコレステロール値を下げる食品を使った誰にでも食べやすいレシピを紹介します。

 

イワシのつみれ汁(5人分)

 

青魚の中でも、一年中平均的に手に入り、しかも値段が安いのがイワシです。とはいえ、イワシを焼いたり煮たりして食べるのは無理という魚嫌いの人も多いでしょう。

 

また、青魚は好きでも調理するのは難しそうという方もいるのではないでしょうか。そこでおすすめしたいのが、イワシのつみれ汁です。

 

最近は、スーパーの魚コーナーでも、頼むと切り身にしてくれるところがあります。それが駄目でも、はじめから切り身の魚を買えば問題ありません。つみれにするにも、フードプロセッサーを使うと簡単です。

 

つみれの材料:
イワシ5尾(頭を落としてはらわたを取り、よく洗って水けを切ったもの)
味噌、小麦粉、酒各大さじ1
しょうが汁、塩各小さじ1

 

上記の材料をフードプロセッサーに入れたら、1分ほどまわします。

 

汁の材料:
水4カップ
大根、ニンジン、ネギ、豆腐適量
味噌お玉1/2
だし小さじ1

 

大根とニンジンを水に入れて火にかけ、茹で上がってきたらだしを加えていわしのつみれを落としていきます。
弱火で10分ほど煮たら、味噌とネギ、豆腐を入れて沸騰する前に火を止め完成です。

 

副菜に納豆を

 

イワシのつみれ汁は、一品でもご飯のおかずになるくらいのボリュームがあります。副菜としては、納豆や野菜の漬物などをプラスすれば、十分に満足のいく食卓になるのではないでしょうか。ただし、野菜の漬物は塩分控えめにしたものにしましょう。

 

LDLコレステロールを下げる飲み物は?

 

LDLコレステロール値を下げるために食生活を改善しなければならないのはわかっていても、そう簡単には変えられないのが食生活。でも、飲み物でLDLコレステロール値を下げられるなら、積極的にチャレンジできそうという方は多いのではないでしょうか。ここでは、LDLコレステロール値を下げるのに役立つ飲み物について、紹介します。

 

日本人になじみの深い緑茶

 

緑茶は日本人にはなじみ深いお茶で、毎日飲んでいる人も多いでしょう。緑茶にはカテキンというタンニン成分が含まれており、食事中のコレステロールの吸収を抑制してくれます。飲むだけでなく茶葉も一緒に食べると、さらに効果的です。特に濃い緑茶にはカテキンも多く含まれていますから、LDLコレステロール値を下げるには良さそうですが、カテキンを摂り過ぎると鉄分を吸収しにくくなってしまうため注意が必要です。

 

食物繊維が豊富な青汁

 

青汁に多く含まれている成分といえば、食物繊維が挙げられます。食物繊維にはLDLコレステロール値を下げる働きがあり、青汁は手軽に食物繊維を摂れる飲み物として便利です。

 

日本人には野菜不足が叫ばれていますが、これもビタミンやミネラルと共に食物繊維を大量に摂取する必要があるため。ただ、食事で十分な量の食物繊維を摂取するのは難しくなっている人が多いため、青汁が便利な飲み物として人気を得ているのです。

 

野菜の味も楽しめる栄養豊富な野菜ジュース

 

野菜ジュースには、野菜の栄養成分がたっぷり含まれています。中には、厚生労働省が推奨する一日の野菜摂取量350gを使った野菜ジュースなども市販されていますね。

 

果汁などをプラスして、野菜が苦手な人でも飲みやすい味にした野菜ジュースも増えています。食物繊維をはじめ、ビタミンやミネラルも豊富な野菜ジュースは、手軽にLDLコレステロール値を下げることに役立てられる飲み物です。

 

LDLコレステロール対策にサプリもおすすめ

 

LDLコレステロール値の対策のためには食事の工夫が欠かせませんが、現代人にとって食事の栄養を駆使してLDLコレステロール値を下げるのは大変です。そもそも、LDLコレステロール値を上げる要因を持つ食品も多いため、それらを避けて食事をすることすら難しいのです。

 

そこで便利になってくるのが、栄養成分を手軽に摂取できるサプリメント。ここでは、LDLコレステロール対策になるサプリメントを紹介します。

 

DHA&EPA

 

DHAとEPAはそれぞれ異なる働きも持ちながら、共通点も多い成分です。青魚などに多く含まれる不飽和脂肪酸の一種ですが、人体内では合成されない成分にもかかわらず必須の脂肪酸なのです。現代の日本人には魚離れが進み、青魚など一年に一回食べるか食べないかという人も増えています。いわゆる血液サラサラ作用を持つDHA&EPAをサプリメントで摂取できたら、魚をあまり食べない人でも簡単にLDLコレステロール対策ができそうですね。

 

ナットウキナーゼ

 

ナットウキナーゼは、納豆のネバネバ成分に含まれる酵素成分です。血栓のもとになるタンパク質のフィブリンという成分を溶解させる作用があるため、LDLコレステロール対策に役立ちます。もともと体内にある血栓溶解酵素の生成を促したり、働きを助ける作用もあります。

 

血栓を溶けにくくする成分を分解したり、腸内の善玉菌を増やしてくれる作用もあり、かなり強力なLDLコレステロール対策になってくれるでしょう。

 

食物繊維

 

食物繊維には、食事中のLDLコレステロールの吸収を抑える働きがあります。また、不要な糖分や脂肪分を巻き込んで体外に排出させる働きも持つため、現代の食品に多い糖分や脂肪分を余分に吸収せずに済みます。

 

食事からの食物繊維摂取には限界があり、十分に摂取できていない人が多いのです。そこで、サプリメントでの食物繊維摂取が注目されています。